KIMONO DREAM

素晴らしき着物の世界

着物の生産が減る中着物買取の需要が高まる背景

日本の文化を象徴するものの一つに着物があります。しかし、一方で日本においては洋服が普段から使われており、着物を着る機会は成人式や卒業式などに限定され、着物を着る人も減っています。このため、着物の需要は下がっていることも確かです。その反面、着物の希少価値が上がっています。新品の着物の値段が高くなっているため、新品は購入することができませんが、その分古着を買いたいと考える人が増えており、ここに着物買取に対する需要が高まっています。一生に2、3回しか身につけることで高級品というイメージを獲得し、貴重品である生糸を使い、職人技による手織りの着物は、伝統工芸品としての価値が付加されています。希少な材料を用いて手作業で昔ながらの生産を行うことで着物買取の価値も上がります。着物の生地には、古着だけの利用だけではなく、着物をほどいて洋服、バッグ、小物などに流用して再利用することも可能です。着物の端切れを使った小物は、エキゾチックなものとして外国人にも人気があります。着物の柄が流行遅れとなっても、無駄なく再利用できます。

Copyright (C) KIMONO DREAM. ALL Rights Reserved.